読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まい だいあり~

日々の何気ないできごとを綴っていきます。

プールの空いている時間を予測して悠々と泳いだ

本日はスイミングプールに娘と息子を連れて行ってきました。
娘も息子も泳ぐことが大好きなので、遊ぶためのプールではなく、真剣に泳ぐことのできるジムのようなプールに連れていきました。
そのプールは、普段真面目に運動をすることが目的の社会人でいっぱいのプールであり、週末ともなると、非常に混むのですが、私は、長年このプールに通っているので、一瞬、プールの人の波が消える時間帯を熟知しています。
それは、12時から午後1時の時間帯です。

丁度、朝からプールでトレーニングをしていた人が帰り、午後からのトレーニングをする人が来る前の時間なのです。
今日も、私の人混みを避ける作戦は大成功でした。
丁度、朝からトレーニングした人が帰るために駐車場を出るところだったので、入り口そばの駐車スペースに車を停めることにも成功しました。
本来ならば、プールの建物から離れた駐車場に車を停めたほうが、歩く分、カロリー消費になるのですが、子連れなので、今日はプールの入り口前のほうが都合がよかったのです。

子供達が長い距離を歩くことに文句をいうだろうことを予想しました。
子供達もニコニコ顔で水着に着替えました。
プールのドアを開けると、案の定、空いていました。
なんと親子3人で一つのレーンを占領できるほどでした。

知らない人と同じレーンを使う時は、あまりに遅く泳いだら、迷惑をかけそうだし、自分が速く泳ぎたいのに、前の人がいて進めないなど、いろいろとストレスがたまりますが、我が子ならば、多少、ぶつかっても平気ですし、気持ちよく泳ぐことができました。
我が子たちは二人ともスイミングスクールに行っているので、実は私よりもずっと速く美しいフォームで泳ぐことができます。
私が水しぶきをあげて必死に泳いでいる姿を見て、子供たちが、軽く笑っていましたが、気にしません!
私の目的は運動をして、体の脂肪を燃やすことだからです。

1時間程私はクロールをしました。
子供達は、クロール、背泳ぎ、バタフライ、平泳ぎなどの一通りのレパートリーを試していたようです。
最後にスパに入ってシャワーを浴びて帰りました。
あまりに疲れたので、夕飯作りはパスでピザをオーダーしてしまいました。

f:id:ayano6720sonet:20160830162700j:plain